堺自然ふれあいの森

2018年度実施報告

                 

5月のイベント実施報告

5/12 大人のための自然観察会〜堺いきもの写真講座〜
今回は堺エコロジー大学の主催でプロの昆虫生態写真家である伊藤ふくお先生にお越しいただきました。市販の虫眼鏡を使った即席ズームレンズや、アルミホイルを使ったレフ版の使い方など、本格的な一眼レフでも手軽なスマホでも、工夫次第でワンランク上の写真が撮れるコツを教えて頂きました。 写真撮影の基礎を教わったら、フィールドに出て実践です。撮影した画像はその場で見て頂くことができ、「この形の昆虫ならここにピントを合わせるといいよ」といった具体的なアドバイスも個別に頂けました。写真初心者の方も、すでに一眼レフを使いこなす本格派の方も、皆さんスキルアップを実感することができる一日でした。
5/10 1〜3才の“ほっこりタイム”
はじめに「ようこそぼくのてのひらへ」の絵本を読みました。はらっぱで生きものを見つけたら、やさしく「ようこそ」と手を出してあげようね、とお話をしたら、さっそくお散歩に出発です! 里みちを歩いてコナラの丘で小さなバッタの赤ちゃんやヤブキリの幼虫、ヘビイチゴの実やたんぽぽの綿毛などに触れて楽しんだあと木道へ。先に登ったおともだちの「がんばれー!」の応援をもらって、ちいさなおともだちも頑張りました。
お昼ごはんの後はふれあい広場でちょっと休憩。お日様がポカポカで気持ちいいね♪のんびりしたり、はらっぱを走ったり生きものを探したり、それぞれのペースで過ごしました。 13時からはおはなし会。「はらぺこあおむし」の絵本を読んだりふれあい遊びをして、親子で楽しみました。
5/4 野鳥観察〜野鳥のさえずりを聴く〜
晴天のもと、野鳥観察へ出発です!森は葉が茂っているので、耳を澄ましてじっくりと声を観察しました。 ホオジロやエナガ、シジュウカラなど、にぎやかな声とともに木々の隙間を動き回る姿も見られました。観察の最後には遠くの空にチョウゲンボウも登場し、1時間半で15種の野鳥を観察できました。

▲ 一番上に戻る