堺自然ふれあいの森

年間登録制のイベントです。全12回子供だけで、四季折りにあった農作業を体験します。また、毎回農作業と同時に森や自然についても学習し、自然に対する興味を深めます。
次年度の募集は、平成30年2月頃に行います。
         

いっちん子ども自然塾実施報告

4/9 1回目:野菜の種まきやシリブカガシの苗木の植付け、森の観察など
今日は農作業(稲苗作り、野菜の種まき)と、シリブカガシ苗木の植え付け、森の観察等を行いました。午前中はポットに土を入れて、トウモロコシやサニーレタスのタネを植えました。夏に収穫出来るかな? お昼ごはんはみんな一緒に食べました。今日が1回目なので、みんなまだ緊張しているのかな?
午後からは、森の斜面を登ってシリブカガシの苗を移植しました。足場が悪くて大変だったけど、みんな上手に穴を掘って苗を植えてくれました。みんなが大人になる頃には、どんな大きさに成長しているかな。 その後は森をみんなで探検しました。コナラの新芽を見たり、コバノミツバツツジの花を見たりと、春の森を楽しみました。
5/14 2回目:田起こしや野菜の植付け、昔遊びなど
今日は、農作業(田起こし、サツマイモ植付け、タマネギ収穫)と竹コップ作りや草笛など昔遊びを体験しました。初めにお米作りについて、話を聞きました。 田圃で田起こしに挑戦しました。土が堅かったり、石が入っていたりと、思うように鍬が使えず苦戦しましたが、みんなで力を合わせて頑張りました。
サツマイモの苗の植え付けを体験したり、タマネギの収穫を体験しました。タマネギ、沢山収穫出来たね。 自由時間には、畑の用水路で葉っぱを流したり、水の中に入って遊びました。暑かったから、気持ちよかったね。
6/12 3回目:茶摘み・茶揉みと田植体験など
今日の作業は「茶摘み・茶揉みと田植え」です。森の館前の茶畑でチャノキの新芽をみんなで摘みました。 摘んだ茶葉は、ホットプレートで温めて手を使って揉みました。揉む作業を続けると、両手からお茶のいい香りがしてきました。お昼ごはんの時に、みんなで試飲して、森のお茶を楽しみました。
4月から苗圃で育てていた稲の苗を、5月に田起こしをした田んぼに植えました。田んぼの中は、土が柔らかく動きにくかったけど、頑張って予定していた場所の田植えを終えることが出来ました。 最後は、じゃがいもを収穫しました。スコップと手で土を掘ると、大小様々なジャガイモが現れました。
7/9 4回目:田んぼの草取りや田んぼの生きもの観察など
6月に田植えをした田んぼも、稲が大きく育っています。今日の活動は、まずその稲の間に生えている草抜きです。歩きにくくとても大変だったけど、みんな頑張って草を抜いてくれました。 その後は、畑で農作物の収穫!トウモロコシがこんなに大きくなっていたよ!
みんな揃ってお昼ごはん。収穫した野菜も少し味見させてもらったよ。外で食べるご飯は美味しいね。 草抜きした田んぼで生きもの調査!トンボのヤゴやカエルがいました。上手く捕まえられたかな?
8/6 5回目:蕎麦の種まき、畑の害虫の学習、ザリガニ釣りなど
蕎麦の種まきをしました。植え方を教わりながら、小さな種を植えました。その後は、「大きく育つように」と願いを込めながら、水まきをしました。いつ芽が出るかな? 畑の野菜には、虫がやってきます。その中には野菜を枯らしてしまったり、食べてしまうものも。どんな害虫がいるのか教えてもらいました。
畑の用水路でザリガニ釣りに挑戦!上手く釣れたかな? 今日も一日、色んなことを教えてもらいながら体験したよー。
9/10 稲刈りの準備、野菜の収穫、森の整備、コースター作りなど
森の整備体験として、スギ・ヒノキの間伐を行いました。足場が悪い斜面でしたが、踏ん張って木を倒しました。初めてノコギリを使う人もいましたが、みんな一生懸命頑張っていました。 10月の自然塾では稲刈りをします。今日はその準備として、はざ掛け用の土台を作りました。来月には、ここに稲穂が並びます。
野菜の収穫作業では、蕎麦の花を見たり、サツマイモを収穫しました。顔ぐらい大きなサツマイモを収穫した人もいて、みんな大喜びでした。 収穫前の田んぼで、記念撮影。いっちんクラブの多くのメンバーに手助けしてもらい、今日も一日、色んな体験が出来ました。

▲ 一番上に戻る